毒親についてのブログを読んだ方から、
メッセージをいくつかいただきました。
ありがとうございます^ ^

それにつきまして、
こちらでも少し補足を…

私は、今現在は
毒親・機能不全家族からは抜け出しており、
苦しみの渦中には居ません。

時々、親と接触するとイラ立つ事件も起きますが、
感情に呑まれることはありません。

昔と違い、
出来事をすぐに客観視して
ネタとして言語化しています。
今となってはネタの宝庫です。笑

でも表現力が追いつかず、
多くのネタは眠っています。

ブログでは、
苦しみの感情を書き綴っていることもありますが、
全ては自分の中から通り抜けた感情です。

苦しみの渦中にいたら、
感情のコントロールや客観視が難しく、
言語化もできませんので。。

書く理由は、

過去の苦しかった私と同じように、
家族の呪縛で苦しんでいる人へ
「あなたは1人じゃない」
ということを伝えたいからです。

その想いを伝えるスキルを磨いている最中です

ご心配や励ましをありがとうございます。
そしていつも
ご拝読ありがとうございます^ ^

****

さて今日の本題

<すべての「心のブロック」は、親へのタブー感に通ずる>

うすうす気づいている人も
多いんじゃないかと思いますが

心の「ブロック外し」で
色んなセミナーやセラピーを繰り返しても

「親への叫び」を解放しない限り、
ブロックは外れない
んですよね。

幸福や豊かさの流れを塞き止めるのは、
「未解決の親問題」である、と。

それが
お金の問題に見えても、
仕事続かない問題に見えても、
異性関係の問題に見えても、
ギャンブル依存の問題に見えても、

根っこはやっぱり親。
行き着くところは親。

(ホントは毒親自身が癒される必要があるのだけど)

しかし

日本は、

「親は敬うもの」
「親に感謝、親孝行」

といった、
儒教的、道徳的観念が強く、

親への怒りや不満を口に出すと、
たちまち煙たがられます。
(^-^;

「そんなこと言わずに…感謝しなさいよ」
「親をそんな風に言うなんて…ひどい人」
「あの立派なお父さまが?そんなわけない」
「かわいそうなのは親の方!」

などと言われてしまうことがほとんど。

なので

毒親、機能不全家族の問題で悩む多くの人が
1人で抱え込んで、
ますます自分を責めてしまう…


私もそうでした。
孤独でした。

しかし、

もし、
親への不信感、モヤモヤを吐き出して
理解してくれる人がいたとしたら…
きっと状況は好転していくのではないかと思います。



余談ですが、

孤独の中でもがいている人や、
モヤモヤを抱えている人が、
少しでも楽になれるように

私に何かできることはないだろうか?
どんなことをすればお役に立てるかな?


と、

いま色々アイデアを
練っているところです。

(商売じゃなく。ボランティア?啓蒙活動?)

くくりはまだ漠然としてますが、
何か奉仕的な活動をしてみたくて。

これまでの人生の罪滅ぼしも兼ねて。笑


もし、

過去の苦しんでいる自分が、
誰かに気持ちを吐き出すことができていたら…

そんなイメージで、

毒親や機能不全家族のことを相談できる機関はあるのか、
とりあえずネット検索してみました。

相談窓口みたいなところは
あるにはあるけど、
無料の所は何となくお堅い雰囲気で、、
結局は、
心療内科、警察、法律相談などを紹介されるような感じですね。

正直、私だったら
このような機関で心をさらけ出す勇気はないです。(^-^;

かといって、
専門のカウンセリングを受けるには
お金がかかる、、
お金を払えない立場で苦しむ人は来られない、
というのが最大の難点
です。



プロのカウンセラーでもない私にできることは、
せめてお話を聞くことくらいしか思いつきませんが、

親や家族の悩み、モヤモヤを吐き出せる場
サークル?
サロン?
そういう場を作れたらなぁと考えています。

「無料」がいいのか「有料」がいいのか?ですが、

たとえばお店やビジネスにおける
「無料」には、
サービスを提供する側にとって、
お金以上のデメリットが多いんです。

本気じゃない人、
ひやかし半分な人、
くれくれマインドが強い人など

厄介なエネルギーが集まりやすい。笑
だから
提供する側のパフォーマンスの質は落ちるし、
お互いに損失しかない。

(でも毒親相談はお店やビジネスとは違うから、
これには当てはまらないのかな?)

一方、

「有料」のデメリットとしては、
お金を払えない立場で苦しむ人は来られない
また、
提供する側としても、
お金をもらっている以上、
何かしらの結果を出そうと焦ってしまうかもしれない。

心の問題だから、
こういう焦り(提供する側都合の)はキケンです。

ちょうどいい着地点はどこか、、
しばらく模索します(^^;

……

目指したいのは、

たとえば最近は、
パワハラとかセクハラ問題の被害者の方が、
かなりオープンに
声を上げられる時代になってきましたよね。

それと同じように、

毒親、機能不全家族といった、
「家族」という檻の中で起こる苦しみについて、
もっとオープンに声を上げ、
世の中に理解される時代
にしたい…

今はまだ、
親を悪く言うことへのタブー感が根強いですが、
時代は変わっていくのじゃないか、

そう思います。
IMG_20181114_28232

↑もしかして、同じ顔?笑

私にとって
息子は1番の先生です^ ^

読んでくれてありがとう。
今日も
ご縁のあるすべての人がゴキゲンでありますように( ^ω^ )