人生は自分を癒す旅

魂の声を繋ぐ、巫女的心理研究家そらまい のブログ。 身近に溢れたシャーマニズムを紐解きます

人生は自分を癒す旅 イメージ画像
◯記事のテーマとキーワード→ #心の仕組み#自己啓発#パートナーシップ#金持ち論#エロスとタナトス#スピリチュアル思想#シャーマニズム#巫女体質#メメントモリ#霊能評論#パニック障害#巫病#アダルトチルドレン#機能不全家族#毒親#インナーチャイルド#聖地への旅 その他、日々のことやおススメのものなど。 …… 一緒に、心の縛りを緩めてもらえれば幸いです。

エゴについて

「こうしたらいいじゃん?」っていう、 直観の声って、たいてい何か恥ずかしくないですか。笑 ふと、それが降りてきたとしても 「イヤイヤそんなん出したら変人扱いだろ」 「そ、それは恥ずかしい、クールなこの私が…」 「そんなわけないって!失敗したらどうするの?」
『「世間の声」という魔物』の画像

先日、涙の瞑想について 記事を書きましたが、 (記事→ 涙は肝臓を浄化する。「涙の瞑想」のススメ) 今日は逆に、 「記憶を引きずり出して泣き過ぎることのリスク」について お伝えしたいと思います。 時々、 トラウマを癒すセラピーの現場などで、 辛い記憶を引きずり
『「いいこと貯金」でトラウマも癒える!』の画像

「手放したい」 という思いがあるとする それを手放せられたら、 軽くなれるのに 次のステップへ行けるのに わかってるのに 手放せない …… こんな、 脳の中で行われる、 「苦しい想いを反芻する」 という行為。 これは じつは脳の中の 快楽を司るところで起きていて
『「手放す」のが難しい理由』の画像

私は朝夕数分間祈ることをルーティンにしているが、 祈るのがめんどくさいと感じるときは、 だいたい、なにかしらの強いエゴに支配されている。 掃除をすればスッキリすると分かっているのに、 何かと理由をつけて掃除をしない時の心境と似ている。 エゴとは、 ●本心に

劣等感を克服するのも難しいけど、 優越感を抱かない人間になるのも難しい。 劣等感から抜け出したくて、ステップアップを目指す。 しかしステップアップするたびに、うっすらと優越感を抱くなら、 劣等感を克服できていない証。 劣等感と優越感。 正反対の感情だけど、
『劣等感 = 優越感』の画像

目次^ ^ ◾️使命や成功への怖れが「先延ばし思考」を生む ◾️自分にぴったりの成功を手に入れるために ◾️セオリーという幻想を捨てる ……… 時間が有限であることをひしひしと感じるこの頃 命=時間 これがいちばん分かりやすい命の見え方、測り方だと思う。 だけ
『成功の手前にある「先延ばし思考」というエゴ』の画像

地球上に存在する唯一の悪魔、 それは人間のエゴである。 … 残念ながら人間は、 死んでもエゴが残るらしい。 直近で亡くなった身内(私の場合、父)に 「私はどうすればいいでしょうか?」 「私の進むべき方向はどちらでしょう?」 などとメッセージを求めることは、
『神との対話 VS エゴとの対話。霊的存在に惑わされるな』の画像

ブログというやつをやりはじめて、振り返ればおよそ9年くらいは経つ。 (放置していた時期や、以前のgooブログも含めると。細かいことは覚えてないが) ただ何となく、 自分が面白いと感じたことを書き綴っていたが、 どうせやるんだったら、 自分にも読み手にも、プラスに
『エゴとの対峙。〜良いこと書きたい病を手放す〜 <誰に、何を、伝えるか?>』の画像

↑このページのトップヘ